Z E B

  • HOME
  • ZEBプランニング

ZEBとは

ZEB(ゼブ:ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物をいいます。

ZEBプランナーとは

ZEBの実現を目的として経済産業省が推薦する登録制度であり、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が公募・審査・登録を行うものです。
登録団体は「ZEB 設計ガイドライン」や「ZEBや省エネ建築物を設計するための技術や設計知見」を活用して、一般に向けた相談窓口を設け、業務支援(建築設計、設備設計、設計施工、省エネ設計、コンサルティング等)を行い、その活動を公表するものです。

ZEB受注目標

2025年度に弊社が受注する建築物のうち、ZEBが占める割合を50%以上とする受注目標を掲げています。

ZEBプランナー登録について

弊社は平成29年度ZEB実証事業においてZEBプランナーとして認証登録されました。

(登録番号 ZEB29P-00028-PC)
■ ご対応エリア:東北・関東地方
■ 相談窓口:設計部 近藤

※お問合せは電話または「お問合せフォーム」からご連絡ください。

主な省エネルギー実績(ZEB以外)

◆地中熱採用実績

軽米町庁舎

(環境省:
平成26年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
地熱・地中熱等の利用による低炭素社会推進事業
うち地熱・地中熱等利用事業の事業化計画策定事業)

特別養護老人ホーム サンタウン松園

(一般社団法人新エネルギー導入促進協議会:
平成25・26年度補正予算再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策事業
地中熱利用空調給湯設備設置事業)

特別養護老人ホーム オー・ド・エクラ

(一般社団法人新エネルギー導入促進協議会:
平成26年度補正予算再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策事業
地中熱利用空調給湯設備設置事業)
(一般社団法人環境創生イニシアチブ:
平成28年度再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金複数年度事業
地中熱利用空調給湯設備設置事業)

ZEB実績実例

介護老人保健施設・介護付き有料老人ホーム
オー・ド・エクラ

特別養護老人ホーム スターレイク仙台

(仮称)かるまい交流駅

特別養護老人ホーム ヴェール・ド・エクラ